趣味さがしログ。

無趣味の人間が趣味を探す記録

保育園の生活発表会のアンケートについて

先日、子供たちが通っている保育園の生活発表会が開催された。

後日それについてのアンケートの提出を求められ、それをまとめた内容が配布されていたので読んだ。

とても親とは思えないような内容が書かれていて、悲しくなった。

生活発表会について

わが子が通う保育園では、毎年近隣のまぁまぁ大きいホールを終日借り切って、生活発表会が行われている。

保育園なので親の協力はほぼ必要なく、衣装も全て先生方が制作してくれる。

かなりクオリティの高い衣装で、初めて見たときは本当に驚いた。


園児は0歳児から全員参加で、歩けない子でもみんなと同じ衣装を着て、箱に入って先生が引っ張って登場する。

それが1歳になると、音楽に合わせて決まった場所へ移動することができ、指をさしたりばんざいをしたりと、簡単な体の動きも表現できる。

まだ話せないので、先生がマイクでセリフを言ってくれるため、見ている側も話の流れは一応理解できる。

2歳ではセリフを大きい声で言えるようになる子も出てくる。

3歳にもなるとセリフもはきはき言うし、動きはほぼ完ぺき。舞台袖に戻るときに反対側へ行ってしまって先生が抱っこで走って移動させるようなこともなくなる。


乳児と幼児は午前と午後で分けられているので、わが子たちは去年二人とも午前の部のみの出演となり、午後の部の演目は観覧せずに帰宅した。

4歳以上になると、どんなことができるようになるのだろう、と期待を膨らませながら。

今年から生活発表会が大きく変わった

去年の発表会から数日たった頃、配布されたお知らせに来年からの生活発表会についての変更が書かれていた。

午前の部はこれまでどおりオペレッタで、午後の部は絵本の朗読に変更するとのことだった。

来年から新しく取り入れる予定の、石井式という漢字交じりの絵本を舞台上で読むらしい。


また、変更する理由の一つとして「職員の負担軽減のため」と書かれてあった。

確かに、オペレッタの練習に加え、衣装、大道具、小道具、脚本、演出、ピアノの演奏の練習など、それに費やす時間は膨大になることは想像できる。

しかも日中は子供たちがいるので、園児が帰った後か、もしかすると持ち帰っているのかもしれない。

乳児クラスは人数も少ないしお昼寝時間も使えるので、まだ作業の時間は確保しやすそうだけど、幼児クラスからはお昼寝もなくなり、人数が一気に増えるので、休日返上するぐらいの忙しさになるのではないかと思う。


そう考えると、かわいい衣装を着たオペレッタが見られなくなるのは残念だけど、まあ先生方も大変だし子供たちの成長がみられる機会があるなら何でもいいかー、と思っていた。

実際に発表を観覧して

午前の部は、今まで通りかわいらしいオペレッタで、楽しんで見ることができた。

去年下の子は残念なことに体調を崩して出られなかったので、その前の年は箱に入れて運ばれていた姿からするとものすごい成長ぶりだった。


そして上の子は今年から初めて午後の部への出演となる。

まず最初オープニングの演目は、年長組の演奏から始まった。

始まった瞬間に、一気に鳥肌が立ち涙が出てきた。


なんだこれは、本当にこれは6歳の子供たち?

様々な種類の楽器を堂々を演奏する子供たちの姿に、わが子がそこにいなくても感動した。


そしてわが子の演奏の番が来た。

年少クラスなのでほとんどの子が4歳になっている。

4歳と言えばまだ舌足らずな話し方をする子もちらほら居て、わが子もダ行が全てラ行になってしまう。


そんな赤ちゃんをつい最近卒業したぐらいの子たちが、先生の号令に合わせてピシッと動いて真っすぐ立ってじっとしている。

誰一人楽器を鳴らしてしまう子はいない。

先生が指揮の手を振り上げると、顔つきが変わる子供たち。


演奏が始まると、真剣な顔つきで正確なリズムでカスタネットや鈴を鳴らす。

全員が同じではなく、パートに分かれて違うリズムなのに、間違ってリズムが崩れる音はほとんど聞こえなかった。


その後、年中クラスの演奏があり、次にまた年少クラスの絵本の朗読が始まった。

教室で使用している机が並べられていて、背筋をまっすぐにのばし、足はぴったり閉じて、とてもきれいな姿勢で椅子に座る子供たち。

大人でもそんな姿勢を保つのは疲れるのに、よくやっていると思う。

中には辛そうな顔をする子もいたが、だらりと崩れてしまう子はいなかった。


先生の合図で机に広げた絵本を見ながら、みんなで声を揃えて読み始めた。

スクリーンには絵本の内容が映し出されていて、大人でも書けるかどうか怪しい漢字もたくさん使われていた。


わが子はやっと最近文字が読めるようになってきたころで、実は絵本の文字をすらすら読んでいるのではなく、完全に丸暗記している。

他の子たちも恐らくそういう感じだと思うが、それでもすごい。

家で練習している姉の姿を見て、2歳の弟までがマネして覚えてしまったので、本当に子供の脳は吸収するスピードが早いなあと驚いた。

そんな感じで、今年の生活発表会はオペレッタじゃなくなっても十分に感動したし、わが子の成長をしみじみと感じることができ、また来年も楽しみだなぁと思える内容で、本当に素晴らしかった。

後日配布されたアンケートの内容に驚いた

生活発表会から数日後アンケート用紙が配られ、また数日後にまとめた内容のプリントが配布された。

見てみると、感動しました。先生方に感謝です。来年も楽しみです。など感動を伝える意見も半分ぐらいはあるものの、もう半分は批判的な内容だった。


開場まで外で待つのは寒い、駐車場代が高すぎる、自分の子の立ち位置を事前に知らせておいてほしい、などなどまあ自分のことしか考えていないような一方的な内容がちらほらあったけどまあこれは毎年のこと。

一番びっくりしたのが、「絵本の朗読は面白くない」「オペレッタじゃないとそんなに感動もなかった」というような意見。


もちろん、そういう感想を持つ人もいることは予想できたし、確かに観る側としては派手な演出のオペレッタのほうが楽しめるとは思う。

でも、秋の運動会が終わってから毎日毎日遊びの時間を削って発表会の練習をがんばっている子供たちや、同じように毎日毎日指導にあたる先生方のことを思うと、面白くいないなんて絶対に口に出してはいけない言葉だと思う。


生活発表会の趣旨は、日々の成長を発表する場であって、保護者はそれを楽しむのであって、演目の内容がどうとかいうのはだいぶおかしい。

そしてそれをさらに、先生方がかならず目にする事になるであろうアンケートに堂々と書いてくる神経が本当に信じられない。


あんなに毎日頑張る子供たちを、必死で指導して、やっとなんとか形になり、保護者も喜んで見てくれているだろう、という気持ちで先生は頑張っているんだと思う。

それなのに「面白くない」と言われてしまっては、先生のやる気もなくなってしまうのではないか。

保護者は日ごろの先生方の努力をほどんど知らないから、想像することしかできないけど、多分思っているより何十倍も大変なんだと思う。

「それが仕事だ」と言ってしまえばそれまでだけど、子供たちに愛情を持って接してもらいたいと思う気持ちがあるなら、こちらも同じように先生方を応援する気持ちで保育園と関わっていくべきだと思う。

また、人の気持ちがわかる子になってほしいと、子を持つ親なら願うはずなのに、その親自身が人の気持ちを踏みにじってしまっていることに気づいて欲しい。


本当に悲しい気持ちになって、今回恥ずかしながらアンケートを提出するのを忘れていたけど、来年は必ず先生方への感謝の気持ちや感動した気持ちを伝えようと決めた。

また、毎回批判的な意見があるのはわかっているのに、きっちりアンケートを実施して公表することを続ける姿勢に関心したし、この保育園を選んでよかった、このままこの保育園で卒園まで元気に通ってほしいと思った。

来年の生活発表会が楽しみで仕方ない。

iziModal.jsのウインドウを開くとページトップへ戻る

昨日に引き続き、iziModalでハマったので記録。

今日はiziModalのトリガーのリンクをクリックすると、親要素(BODY)がページのTOPに戻ってしまう現象について。

javascript:void(0);を試してみた

iziModalのトリガーがaタグで、リンク先を#にしているのでTOPに戻るのかと思い、aタグを次のようにしてみた。

<div id="modal">モーダルウインドウの中身</div> 
<a href="javascript:void(0)" onClick="function();return false;" class="open-modal">ウインドウOPEN</a>

これでリンクを無効にできると思ったら、関係ないようでやっぱりTOPに戻る。

ググりまくっていると、次の記事を見つけた

blog.doli.jp

リンク先の記事はfancyboxについての解説が書かれていたけど、iziModalと同じようなプラグインなので、もしかするとと思い試してみた。

要は、BODYのheightに100%を指定しているのが問題らしい。

heightの100%を削除してみた

元のCSSには、BODYのheightに100%と書いた記憶がなかったけど、デベロッパーツールで確認すると別のプラグインCSSに書かれていた。

そこでそのCSSを直接編集して、height100%を消した。

iziModalのリンクをクリックしてみると、大正解!親ページの位置が動くことなくモーダルウインドウが開いた。

次にスマホで確認すると、モーダルウインドウは問題なかったが動きがおかしい。

実は、別のプラグインというのがスマホ用のハンバーガーメニューを表示するプラグインで、その動きがなんとなく不自然になってしまった。

スマホのみheight:100%を書いてみた

元々iziModalの不具合はPCでしか発生していなかったので、メディアクエリでスマホのみにCSSが有効になるように書いてみた。

@media screen and (max-width:575px){
body,html{height:100%;}
}

これで解決!

プラグインを複数使用すると、思わぬところで不具合が起きるので、原因を特定するのが難しくて時間ばかりが過ぎていきます・・・。

iziModal.jsとAOSを使うと、AOSの表示がおかしくなった話

コーディングの依頼で、「iziModal.js」と「AOS」のプラグインの指定があったので、どちらもそのままコピペでぶっこんだらうまく動かなくて、なんとか解決したので書いておこうとおもう。

普通に書いたらどうなるのか

iziModalは、モーダルウインドウが手軽に使えるプラグイン


AOSは、画面をスクロールすると要素がふわっと表示されるプラグイン


Jqueryも英語も苦手なので、最初日本語で解説してくださっているサイト様からコピペしてクラス名などを変えて書いた。

こんな感じ

izimodal

【HTML】

<div id="modal">モーダルウインドウの中身</div> 
<a href="https://github.com/dolce/iziModal" class="open-modal">ウインドウOPEN</a>

【JS】

 $(document).on('click', '.open-modal', function(event) {
      event.preventDefault();
      $('#modal').iziModal('open');
    });

AOS

AOSは諸々読み込んだ状態で、フェードインさせたい要素に「data-aos=fade-up」など、使いたいエフェクトの属性を与えるだけ。


これで完璧!と思ったら、izimodalを仕込んだ場所より下に書いてあった、フェードインさせたい要素がフェードインされない。

izimodalより前のは動くのに。

解決方法

まずは何が原因かを調べるために、他にも書いているプラグインを一つずつコメントアウトして検証することをやってみた。

それでどうやらizimodalがあるとうまく動かないことがわかったけど、何が原因なのかはさっぱりわからず。

aosはwindowの高さや要素の座標を取得したりして動いている気がするので、izimodalのモーダルウインドウ部分が実際のコードと違う場所に移動することで座標がおかしくなるのかな?と勝手な想像をしてみるも、解決の仕方までたどり着かない。

さんざん調べまくって、「待てよ?izimodalより後ろが動かんってことは、izimodalを一番後ろに書けばいんじゃないの?」ということにやっと気づいた。

そこで、izimodalの、モーダルウィンドウの部分だけを一番最後に書いた。

コンテンツ

<a href="https://github.com/dolce/iziModal" class="open-modal">ウインドウOPEN</a>

コンテンツ

・
・
・
・
<div id="modal">モーダルウインドウの中身</div> 

これだけであっさり解決。

調べても出てこないのは、誰もこんなことにつまづかへんからやと思うけど、
もしかしたら同じことで悩んでる人がいるかも知れないので、一応記事にしてみました。

【太極拳5日目】站椿功やってみた

ダイエットの記事に書いた通り今日からですます調は辞めて話し言葉でお届けします。

太極拳の趣味活は今日で最後!

ちょっとぐらい覚えて日曜の朝に近所の公園でやってやろうかと思ってたのに全然無理・・・。

結局最初から最後まで動画を見ながらじゃないとできませんでした。しかも前半のみ。

いやーほんっまに難しい。根気よく続けていかないと絶対覚えられへん。

站椿功はやばい。

今日は太極拳をやったあと、昨日のブログに書いた站椿功をやってみた。

腕を少し上げて立ってるだけのやつ。

これはやばい。

なんというか…力を抜きたいのに勝手に入る!

「あーなんか痛い、痛い」と思ったらめっちゃ力んでて、力を抜こうとしたら別のところが力んでて痛くなってくる。というか抜き方がわからんくなってくる。

10分もせんうちに疲れてきて、ちょっとフラフラしてきて、あーまっすぐ立たなーと思うと余計にフラフラ。

小学校の時朝の朝礼でずっと立ってると、フラーっと倒れそうになるあの感じを思い出した。

私の今の生活では一日の内に立ってるだけの時間なんてほぼないから、その時に使う筋肉一ミリもないんやと思う。

でもこれは太極拳とはちがって楽しいというより苦行。

何もしてないのに時間は過ぎるし、でも時間たつの遅いし、これを何十分も、しかも何十年もやるのは私には無理かなあ…

座禅とか瞑想とかも苦手やし向いてないんやわ。(やったことないけど)

もう氣の使い手になるのは諦めて、子供相手にエアかめはめ派出して満足しとこう。

太極拳の面白い動画

太極拳のやり方を調べていくうちに見つけた面白い動画を紹介しまーす。

まず中国の朝?の風景かなこれは。

日本じゃ考えられへんけど中国の人は道端で普通に踊ったりするのね。

日本でもたまにいるか。中々勇気いるよね、ストリートダンスとか。

youtu.be


次は、なんと太極拳の達人VS若い格闘家のガチバトル。

達人ぼこぼこ。かわいそう。

youtu.be


これはすごい!
東京太極拳協会のプロモーション映像

ゆっくりした動きだけが太極拳やと思ってる人はこれみたらびっくりするよ。

めちゃくちゃかっこいい。そして強そう。

「ほんまに人間にこんな動きできるんかな?ワイヤーアクションちゃう?」と思うような動画。

youtu.be



西武ライオンズの三井さんの番組で、いろんなスポーツを体験するコーナー。

野球選手なんて体軟らかそうやし力もあるのに、やっぱり難しいのか。

youtu.be



太極拳関係あるんかなこれ?

忘年会シーズン(もうおわったけど)に活躍しそうな、太極拳で(?)人を持ち上げる動画。

先生真剣やのに持ち上げられるお兄さんがめちゃくちゃ楽しそうというか嬉しそうというか子供みたいに喜んでて面白い。

youtu.be


以上、太極拳関連のおもしろかった動画でしたー。

太極拳のまとめ

5日間やってみて、たった5日でも少しは動けるようになってきて、それが嬉しくて楽しかった。

高齢者にも簡単にできる運動のはずやのに自分には全然できへんくて、自分が高齢者より不健康ってことがわかって愕然としたけど、30代の今気づけてよかった。

趣味としてどうか、と言われると、やっぱり画像加工の時のように、「あ、今日もやらな」みたいな感じがあって、やりたくてうずうずするーみたいな気持ちはそこまで起こらんかったかなー。

ほんまにハマる人なら教室で指導受けたいとかぐらい思いそうやけど、お金払ってまでっていう気持ちがあるから、これは私が熱中できる趣味ではないんやと思う。

でもやったら気持ちいいのは毎日実感したから、筋トレみたいに健康のためにたまにやろうかなーと思う。

趣味をさがしてるとかじゃなく、健康のために何かできることないかと聞かれたら、「太極拳ええよ!」っておすすめしたくなるぐらいには太極拳好きになれたから、やってよかった。

来週は何しようかなーと言いたいところやけど、しばらくお仕事があるのでいったん趣味探し中断しまーす。

【ダイエット】2/8の記録

食事

朝:野菜ジュース
昼:納豆ごはん
夜:白菜と豚肉と厚揚げの煮物、ほうれん草胡麻和え、焼きかぼちゃ、青梗菜の炒め物、味噌汁

総摂取カロリー:855kcal

運動

下半身筋トレ15分
太極拳30分

消費カロリー:25kcal

体脂肪率 28.3%

体重

朝:50.8kg
夜:51kg

目標まであと4kg

びっくりするぐらい体重が動きません。51ジャスト。

逆にこれだけ増減しないのってなんかすごい。

突然ですが、ブログの文章のですます調を辞めようと思う。

ですます調で書いてると、脳内で標準語しゃべっててすごい気持ち悪い。

やっぱり関西人は関西弁しゃべらな死ぬんやで。

継続せんと意味ないからやりにくい方法は排除していこう。

読みやすくを心がけてたけど、ほとんど読まれてないのにそんな気つこてもしゃあないような気がしてきた。

というわけで、今日たった今から関西弁の話し言葉でブログ書くでー。

【太極拳4日目】站椿功に興味が湧いた

今日も仕事で時間があまりとれなかったので、40分だけ昨日と同じ前半の動画を見ながらやりました。

毎日やると少しずつ覚えてくるので、より細かいところまで見るようになってきて、まだまだ全然同じ動きができていないことに気づきました。

そして太極拳についてかかれたブログ記事などを見ていると、一つ気になることがありました。

站椿功ってなんだ?

太極拳のブログを色々みていると、站椿功という言葉が出てきました。

たんとうこうと読みます。

簡単にいうと立って行う禅だと書かれていて、一日30分とか一時間とかやるそうです。

まず足を肩幅にひらいて立ち、膝を軽く曲げます。

そして両腕を丸く大きなボールを抱えるようにして、手のひらはおなかのほうへ向けて、そのまま30分立ち続けます。

傍から見ればただ立っているだけの状態です。

站椿功の効果

立っているだけの站椿功ですが、下半身を鍛える効果があるようです。

普段の生活で一ミリも動かず立っているということはなく、無意識のうちに左右どちらかの足に体重を乗せて、どちらかを休憩しながら立っていると思います。

站椿功は常に両足に同じ体重をかけるので、どちらの足もさぼることはできません。

自分の体重が全て下半身にかかるので、武道には欠かせないしっかりとした足腰を作ることができるそうです。

それってウォーキングでもいいじゃん、と思いませんか?思いますよね。

でも站椿功の効果はそれだけじゃなかったんです。

一日一時間以上、何十年も続けることで、氣を使えるようになるそうです。

気を遣うではありませんよ、氣ですよ。

そして氣の達人になると触れずに人をふっとばすこともできるようになるとかならないとか。

ドラゴンボールみたいですよね!興味湧きませんか!?

もしかすると舞空術だって使えるようになるかもしれませんよね!



とちょっとマニアックな方向へ行ってしまった4日目でした。

やってみようかな、站椿功…。

【ダイエット】2/7の記録

食事

朝:チョコパン(半分)
昼:ラーメン
夜:ハンバーグ、長芋とキュウリの昆布和え、長ネギの味噌汁

総摂取カロリー:1078kcal

運動

下半身筋トレ20分
太極拳40分

消費カロリー:211kcal

体脂肪率 27.4%

体重

朝:50.4kg
夜:51kg

目標まであと4kg

ダイエット11日立ちますが、ほぼ変わってないんですけど・・・

食べる量はダイエット前より減ってるし、筋トレもしてるのに、ここまで変わらないともう夜中に寝ながら食べてるとしか思えません。

ただ、筋肉は脂肪より重いので、筋肉がついていっているのが原因で体重が横ばいなんだとしたら嬉しいな。そうだきっとそうだ。

体脂肪率は体の水分量によってだいぶ左右されるので、安定して20%代にキープできれば筋肉がついてるって実感になるのですが、

まだ安定しないので何とも言えません。

効果がでなくてもここでやめてしまえば無駄になるので、長い目で見て諦めずにがんばります。


そういえば、ダイエットの記事で、無理な食事制限は痩せにくい体になるというのをよく目にします。

昔から体重が増えると無理な食事制限で無理やり戻すということを繰り返してきたので、ばっちり痩せにくい体になっていると思います。

体質改善のためにも、筋トレはサボらず、食事は普通に摂って、コツコツがんばるぞ。